【写真で観る】絶対に行きたい千葉県安房郡にある源氏伝説の秘境”不動滝”への行き方!!

この記事はどうでしたか? 頑張って改善するので評価をお願いします!!!
  • 凄く面白かったよ!!! (0)
  • 面白かった! (0)
  • 普通 (0)
  • つまらなかった。 (0)
  • 死ね!!! (0)

千葉 不動滝 千葉県安房郡にある”不動滝”に行ってきました! この滝は小櫃川の源流にあり、源平合戦の序盤の戦いに敗れた源氏の落ち武者が滝で傷を癒したと伝わる隠れた景勝地です。 ちなみに、地名が「四方木」と書いて「よもぎ」と読む場所にあります。  ココは、日蓮宗の総本山「清澄寺」へ続く「清澄養老ライン」を進む途中にありますが、道中に小さい看板一つ建っているだけの非常に分かり辛い場所にあります。 また細い山道をずずずいっと進んで、上の写真の場所にまで行かないといけないのですが、本当に山道を進むので何処で車を止めていいのか分からなくなりますが、この入口が見えるまで進んでください。 私が向かった日も、車を止める位置を誤りずいぶんと山道を歩いて来ている人がいました。 




入口には、真新しい「瀧観不動明王」さんが祠に鎮座しております。 恐らく地域振興の為、”不動滝”にあやかって建立したものだと思います。 「よもぎ不動滝 自然観察園」と書かれたゲートをくぐり、”不動滝”に向かいます。  ”不動滝”は山を下った谷にあるので、山を下って行きます。 そうです。水は上から下に流れるんです。




後日調べてみると、そりゃ自然の山なので当然ですが「マムシ」が居ます!! なので、ココに来る場合、半ズボン等はおススメしません。 私は、山深い場所にあるとは全く思っていなかったので、半ズボンで来てしまいましたが・・・ マムシ注意




山を下る事、5分程で”不動滝”が見えてきます。 朝こんな場所に、こんな滝が・・・・・




下まで降りてみた写真です。 ”不動滝”は「男瀧」と「女瀧」の2本あり、この写真は、落差12メートルある「男瀧」です。




下まで降りてみた写真です。 ”不動滝”は「男瀧」と「女瀧」の2本あり、この写真は、落差12メートルある「男瀧」です。




30分程滝を堪能し、来た道を引き返し帰路につきます。 夏真っ盛りに来たので、地中から出てきた蝉も居ました!今から成虫になるってところですね。 以上で、”不動滝”の御案内となります! 非常にスケールの大きな滝が、隠れた場所にあるお蔭で夏休みシーズンでも人が少なく満喫する事が出来ました! 御精読ありがとうございました。 名称             不動滝 所在地      千葉県安房郡天津小湊町四方木先 料金  無料 種別             滝 , ハイキング , 自然 , 紅葉 評価 80点








【写真で観る】絶対に行きたい千葉県安房郡にある源氏伝説の秘境”不動滝”への行き方!!隠れた観光スポット、千葉県安房郡にある源氏伝説の秘境の場所”不動滝”へアクセス! 千葉 不動滝 千葉県安房郡にある”不動滝”に行ってきました! この滝は小櫃川の源流にあり、源平合戦の序盤の戦いに敗れた源氏の落ち武者が滝で傷を癒したと伝わる隠れた景勝地です。 ちなみに、地名が「四方木」と書いて「よもぎ」と読む場所にあります。  ココは、日蓮宗の総本山「清澄寺」へ続く「清澄養老ライン」を進む途中にありますが、道中に小さい看板一つ建っているだけの非常に分かり辛い場所にあります。 また細い山道をずずずいっと進んで、上の写真の場所にまで行かないといけないのですが、本当に山道を進むので何処で車を止めていいのか分からなくなりますが、この入口が見えるまで進んでください。 私が向かった日も、車を止める位置を誤りずいぶんと山道を歩いて来ている人がいました。 入口には、真新しい「瀧観不動明王」さんが祠に鎮座しております。 恐らく地域振興の為、”不動滝”にあやかって建立したものだと思います。 「よもぎ不動滝 自然観察園」と書かれたゲートをくぐり、”不動滝”に向かいます。  ”不動滝”は山を下った谷にあるので、山を下って行きます。 そうです。水は上から下に流れるんです。 後日調べてみると、そりゃ自然の山なので当然ですが「マムシ」が居ます!! なので、ココに来る場合、半ズボン等はおススメしません。 私は、山深い場所にあるとは全く思っていなかったので、半ズボンで来てしまいましたが・・・ マムシ注意 山を下る事、5分程で”不動滝”が見えてきます。 朝こんな場所に、こんな滝が・・・・・下まで降りてみた写真です。 ”不動滝”は「男瀧」と「女瀧」の2本あり、この写真は、落差12メートルある「男瀧」です。 下まで降りてみた写真です。 ”不動滝”は「男瀧」と「女瀧」の2本あり、この写真は、落差12メートルある「男瀧」です。30分程滝を堪能し、来た道を引き返し帰路につきます。 夏真っ盛りに来たので、地中から出てきた蝉も居ました!今から成虫になるってところですね。 以上で、”不動滝”の御案内となります! 非常にスケールの大きな滝が、隠れた場所にあるお蔭で夏休みシーズンでも人が少なく満喫する事が出来ました! 御精読ありがとうございました。 名称             不動滝 所在地      千葉県安房郡天津小湊町四方木先 料金  無料 種別             滝 , ハイキング , 自然 , 紅葉 評価 80点

↓応援お願い致します↓

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ご覧いただきありがとうございます! 私は、日本をメインにときどき海外と旅をしながら生きるている旅人の”いくちゃ”と申します。 ○○○に行った!でも、○○○だった!等のちょっとした情報も入れつつ旅情報を配信しております。 皆様の旅の一助になれればうれしいです。 何卒、応援お願いいたします!!!