日本屈指の恐怖スポット神隠しの杜「八幡の藪知らず」を徹底解説!

古くから奇怪な神隠しの場として、人々に畏敬を持って恐れられる千葉県市川市八幡にある「八幡の藪知らず(やわたのやぶしらず)」に行ってきました。 この地は、足を踏み入れると二度と出る事が出来ないと伝わる「禁足地」となっており、今でも神域として代々と地元民によって守られてきております。 この日本屈指の恐ろしい場所は、果たして、どんな場所になっているのか!?

古くから奇怪な神隠しの場として、人々に畏敬を持って恐れられる千葉県市川市八幡にある「八幡の藪知らず(やわたのやぶしらず)」に行ってきました。 この地は、足を踏み入れると二度と出る事が出来ないと伝わる「禁足地」となっており、今でも神域として代々と地元民によって守られてきております。 この日本屈指の恐ろしい場所は、果たして、どんな場所になっているのか!?




この場所は、本八幡駅から徒歩5分程度の距離にあり、千葉街道と言われる交通量の多い国道14号線沿いにあります。 車で訪れた私は、近くにあるコインパーキングに駐車し見学をする事にしました。

この場所は、本八幡駅から徒歩5分程度の距離にあり、千葉街道と言われる交通量の多い国道14号線沿いにあります。 車で訪れた私は、近くにあるコインパーキングに駐車し見学をする事にしました。




千葉街道に面して小さな社殿が設けられており、そこから参拝する事になっております。 関西に住んでいた幼少期から関東には「八幡の藪知らず」なる恐ろしい神隠しが行われる神域が有ると知っていた為、「どんな恐ろしい場所なのだろうか??」と恐る恐る訪れたものの、交通量の多い国道14号線と、藪の前にある歩道を行き交う人々の多さから前に立つ分には恐ろしくは思えなかったですが、何とも不思議な雰囲気をもつ神社です。




千葉街道に面して小さな社殿が設けられており、そこから参拝する事になっております。 関西に住んでいた幼少期から関東には「八幡の藪知らず」なる恐ろしい神隠しが行われる神域が有ると知っていた為、「どんな恐ろしい場所なのだろうか??」と恐る恐る訪れたものの、交通量の多い国道14号線と、藪の前にある歩道を行き交う人々の多さから前に立つ分には恐ろしくは思えなかったですが、何とも不思議な雰囲気をもつ神社です。

千葉街道に面して小さな社殿が設けられており、そこから参拝する事になっております。 関西に住んでいた幼少期から関東には「八幡の藪知らず」なる恐ろしい神隠しが行われる神域が有ると知っていた為、「どんな恐ろしい場所なのだろうか??」と恐る恐る訪れたものの、交通量の多い国道14号線と、藪の前にある歩道を行き交う人々の多さから前に立つ分には恐ろしくは思えなかったですが、何とも不思議な雰囲気をもつ神社です。




鳥居に架けられる扁額には「不知森神社」と書かれています。

鳥居に架けられる扁額には「不知森神社」と書かれています。

小さな祠の様な社殿が後ろの不気味な杜の前にポツンとありました。

小さな祠の様な社殿が後ろの不気味な杜の前にポツンとありました。




社殿横には「八幡不知森(やわたしらずのもり)」と記された安政4年(1857年)伊勢屋宇兵衛建立の石碑があります。

社殿横には「八幡不知森(やわたしらずのもり)」と記された安政4年(1857年)伊勢屋宇兵衛建立の石碑があります。










石囲いの中には、恐ろしくて入れないですが非常に鬱蒼としております。 今では、竹に覆われた「八幡の藪知らず」ですが、調べた所によると近年まで松や杉、栗の木といった木々が茂っていたそうです。

石囲いの中には、恐ろしくて入れないですが非常に鬱蒼としております。 今では、竹に覆われた「八幡の藪知らず」ですが、調べた所によると近年まで松や杉、栗の木といった木々が茂っていたそうです。




「不知森神社」を正面に見て左手の端には、「八幡の藪知らず」を紹介する案内板が設置されています。

「不知森神社」を正面に見て左手の端には、「八幡の藪知らず」を紹介する案内板が設置されています。

この「八幡の藪知らず」の幅は20メートル程でしょうか?奥行きも恐らく30メートル無い程の小さい場所になっており、宅地開発によって棒崩しの終盤の削り取られた最後の一掻きほどしか残っていません。 なので、隣接する建物もピッタリと横にあります。 調べたところによると江戸時代には、現在と同程度の広さにまでなっていたそうで藪の周りは柵で囲まれ人が入れないようになっております。 つまり、江戸時代以前から、神域として恐れられていた事が分かりますが、いつごろから伝わるのかは、わかっておりません。

この「八幡の藪知らず」の幅は20メートル程でしょうか?奥行きも恐らく30メートル無い程の小さい場所になっており、宅地開発によって棒崩しの終盤の削り取られた最後の一掻きほどしか残っていません。 なので、隣接する建物もピッタリと横にあります。 調べたところによると江戸時代には、現在と同程度の広さにまでなっていたそうで藪の周りは柵で囲まれ人が入れないようになっております。 つまり、江戸時代以前から、神域として恐れられていた事が分かりますが、いつごろから伝わるのかは、わかっておりません。




また、反対側の端には駐輪場が作られており、真横から藪の中を観る事が出来るます。 藪の中は鬱蒼としていますが、横から見ると向こう側が見えており、入り込んでも迷う余地の無さが分かります。

また、反対側の端には駐輪場が作られており、真横から藪の中を観る事が出来るます。 藪の中は鬱蒼としていますが、横から見ると向こう側が見えており、入り込んでも迷う余地の無さが分かります。




なぜこの地が禁足地になったかは、明確な理由が残っていないが、「平将門の墓」であるや、「平良将の墓」、他にも、「日本武尊の陣屋」であったという伝承が残っております。 その他にも「古代豪族の墓所」であった等といった伝承もあるそうです。 たしかに、この地に縁のある一角の人物の墓所であれば、それを守る人々は踏み荒らされたくなく立ち入りを禁止し、それが時代を経て「神隠しの場」となって伝わっても不思議じゃないですね。

なぜこの地が禁足地になったかは、明確な理由が残っていないが、「平将門の墓」であるや、「平良将の墓」、他にも、「日本武尊の陣屋」であったという伝承が残っております。 その他にも「古代豪族の墓所」であった等といった伝承もあるそうです。 たしかに、この地に縁のある一角の人物の墓所であれば、それを守る人々は踏み荒らされたくなく立ち入りを禁止し、それが時代を経て「神隠しの場」となって伝わっても不思議じゃないですね。




暗くてこの写真では見る事が出来ないですが、藪の中央箇所に窪みがあるそうで、墓所であるや、陣屋跡であるといった話以外にも、窪地から毒ガスが噴出していたといった非科学的なものから、窪地は昔は底なし沼で訪れた人々を飲み込んでいったという話まであります。

暗くてこの写真では見る事が出来ないですが、藪の中央箇所に窪みがあるそうで、墓所であるや、陣屋跡であるといった話以外にも、窪地から毒ガスが噴出していたといった非科学的なものから、窪地は昔は底なし沼で訪れた人々を飲み込んでいったという話まであります。




本八幡駅前は、飲食街が多く夜になるとネオンを求めて沢山の客で賑います。 恐らくそこで飲んできたであろう高齢な御老人が「不知森神社」の鳥居の前で鼾をかいて寝ておりました。 このまま杜に引き込まれると火葬要らずでいいですね!なんて冗談はさておきまして、以上で日本屈指の恐怖スポット「八幡の藪知らず」の御案内となります。 人や車の通りも多く今ではどこに恐怖を感じていいのか難しいのも有りますが神域に入る事は現在でもタブーとなっております。 興味本位で立ち入り、どこかしらに消えて行ったと伝わる一人にあなたが成りたくなければ、少し離れた所から安全に眺める事をお勧めします。御精読有難うございました。

本八幡駅前は、飲食街が多く夜になるとネオンを求めて沢山の客で賑います。 恐らくそこで飲んできたであろう高齢な御老人が「不知森神社」の鳥居の前で鼾をかいて寝ておりました。 このまま杜に引き込まれると火葬要らずでいいですね!なんて冗談はさておきまして、以上で日本屈指の恐怖スポット「八幡の藪知らず」の御案内となります。 人や車の通りも多く今ではどこに恐怖を感じていいのか難しいのも有りますが神域に入る事は現在でもタブーとなっております。 興味本位で立ち入り、どこかしらに消えて行ったと伝わる一人にあなたが成りたくなければ、少し離れた所から安全に眺める事をお勧めします。御精読有難うございました。







名称	八幡の藪知らず 所在地	千葉県市川市八幡2丁目8 営業時間	24時間見学可 料金	0円 種別	神社仏閣 / 怨霊 備考	駐車場は有りません。 評価	70点

名称 八幡の藪知らず 所在地 千葉県市川市八幡2丁目8 営業時間 24時間見学可 料金 0円 種別 神社仏閣 / 怨霊 備考 駐車場は有りません。 評価 70点

▼近くのお宿

ジェイホテル本八幡

JR、京成、都営線の3路線の近くでアクセスも便利。客室はモダンな空間を演出し館内の中国料理も秀逸
272-0021
千葉県市川市八幡3-19-3

宿泊プランはこちら

楽天ウェブサービスセンター




この記事はどうでしたか? 頑張って改善するので評価をお願いします!!!
  • 普通 (1)
  • 凄く面白かったよ!!! (1)
  • やり直し (3)
  • 面白かった! (3)
  • つまらなかった。 (4)