埼玉県屈指の心霊スポットである古代遺跡「吉見百穴」を徹底解説!

横穴墓は、穴の並びが整然と並んでいるものもあれば、不規則に並んでいるものもありますが、これは、不規則に並ぶ穴は初期に造られたと考えられており、整然と並んでいる穴は後期に造られたものと考えられております。

横穴墓は、穴の並びが整然と並んでいるものもあれば、不規則に並んでいるものもありますが、これは、不規則に並ぶ穴は初期に造られたと考えられており、整然と並んでいる穴は後期に造られたものと考えられております。




観れば観る程、不思議な光景です。

観れば観る程、不思議な光景です。

吉見百穴




吉見百穴

「吉見百穴」の存在は、江戸時代以前から不思議な穴として知られていましたが、一体何なのかは知られておらず明治20年(1887年)に行われた発掘調査によって徐々に、全貌が見えてまいりました。 それでも当初は、小さい穴為、日本の先住民族コロボックルの住居なる珍説を真面目に議論されたそうです。 その後も研究が進み、現代では集合墳墓という説が定説となっております。

「吉見百穴」の存在は、江戸時代以前から不思議な穴として知られていましたが、一体何なのかは知られておらず明治20年(1887年)に行われた発掘調査によって徐々に、全貌が見えてまいりました。 それでも当初は、小さい穴為、日本の先住民族コロボックルの住居なる珍説を真面目に議論されたそうです。 その後も研究が進み、現代では集合墳墓という説が定説となっております。




吉見百穴

この岩山の下方には、天然記念物に指定される「ヒカリゴケ」が自生している穴があります。 関東平野でのヒカリゴケの自生地は非常に貴重で「吉見百穴ヒカリゴケ発生地」として国の天然記念物に指定されています。

この岩山の下方には、天然記念物に指定される「ヒカリゴケ」が自生している穴があります。 関東平野でのヒカリゴケの自生地は非常に貴重で「吉見百穴ヒカリゴケ発生地」として国の天然記念物に指定されています。

ここに見られる「ヒカリゴケ」は、意として植えられた訳ではなく、穴が人の手によって作られ埋葬後の千数百年の歳月の中、適した湿度をもつ穴倉に自生してきたものです。

ここに見られる「ヒカリゴケ」は、意として植えられた訳ではなく、穴が人の手によって作られ埋葬後の千数百年の歳月の中、適した湿度をもつ穴倉に自生してきたものです。

この写真ではヒカリゴケが光って見えない為、何がなにやら分からないですが、その名が示すように洞窟のような暗い場所でエメラルド色に光って見えます。 しかし、これは自力で発光しているのではなく暗所に入ってくる僅かな光を反射することによって光っています。 「ヒカリゴケ」は非常に脆い存在で僅かな環境の変化でも枯れてしまうとの事で日本では絶滅危惧種に指定されており、将来的にはココでも観れなくなる恐れがあります。

この写真ではヒカリゴケが光って見えない為、何がなにやら分からないですが、その名が示すように洞窟のような暗い場所でエメラルド色に光って見えます。 しかし、これは自力で発光しているのではなく暗所に入ってくる僅かな光を反射することによって光っています。 「ヒカリゴケ」は非常に脆い存在で僅かな環境の変化でも枯れてしまうとの事で日本では絶滅危惧種に指定されており、将来的にはココでも観れなくなる恐れがあります。


この記事はどうでしたか? 頑張って改善するので評価をお願いします!!!
  • 凄く面白かったよ!!! (0)
  • 面白かった! (0)
  • 普通 (0)
  • つまらなかった。 (0)
  • やり直し (0)