天皇陛下も入る事が出来ない古代から続く島根の『出雲大社』を徹底解説!

出雲大社  学生時代に行った、島根県出雲市にある出雲大社の御案内です!! 今回も10年以上前の思い出写真での御案内になりますので非常に荒いのでご容赦下さい。 この出雲大社は、一般的には「いずもたいしゃ」という名前で認知されてますが、「いずもおおやしろ」が正確な読み方です。  、島根に着き公園の駐車場で晩御飯にシシャモを七輪で焼いてる写真です。この後、私はシシャモを数匹食べた後に運転疲れで社内で寝ていると友人からいきなり「お礼言って!!」と言われ無理やり起こされると地元の暴走族に囲まれてました。 何ななんだか分からずいると、私が寝た後もこの二人でシシャモを焼いていると暴走族に囲まれ、「なにしてるの?」と聞かれ、友人が「貧乏旅行中」と応えたところ、同情され2,000円を貰ったとの事でした。 訳が分からないですが、取りあえず「ありがとう!ガソリン代に使わせてもらうよ」とお礼をいったところ去っていきました。 良くわからんが、とりあえず「ありがとうございました。」




ちなみに、こんな場所で車中泊してました。 車道で寝てましたが田舎過ぎて交通量も少ない場所ですので、人に迷惑はかけていないのでご安心下さい 自分たち自らが発する男くさい、社内の熱気で起こされた3人は、眠い目をこすりながら出雲大社につきました。 出雲大社は、伊勢神宮と並ぶ2大神社として日本神社界のツートップの一角をなす神社です。 一説には、大和政権の伊勢神宮に対して、出雲政権?の出雲神宮があり、戦争の結果負けた、出雲大社が傘下に入った等言われています。 とりあえず、本殿に向かいます。

境内は広く、結構あるきます。 おかけげ徐々にエンジンがかかりだし学生ノリのテンションがMAXに!

 

道は整備されており、あるきやすくなっており西域である事を意識されます。 幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)が現れる、シーンのモニュメントです。 オオクニヌシは、スクナブコナという神さまと共に国造りを進めていました。 しかし、スクナブコナは、出雲から去ってしまい、絶望の中でオオクニヌシは、日本海を眺めていました。 すると浪間から幸魂奇魂という玉が出現します。オオクニヌシは、この玉から力を頂き、すばらしい国を造り上げましたとさ。 神殿なので、穢れた身を清めます。




いよいよ本殿が見えてきました。 ようやくの本殿参拝!出雲大社っ!京都からの下道できたので遠かったぞ!!

しっかりと参拝します。無事旅の目的、京都⇒出雲大社参拝の目的を終え、帰路(広島経由)につきます。

学生時代の思い出の写真でご覧いただきました、ざっくりとした出雲大社の御案内でした。 当時、20歳の若造も今では30代半ばとなり、完全におっさんとなりました。 近日中におっさんとなった今の私には出雲大社がどう映るのかを見に行きたいと思います。 御精読ありがとうございました。

名称	出雲大社(いずもおおやしろ) 所在地	島根県出雲市大社町杵築東195  電話番号	0853-53-3100 料金	拝観無料 種別	寺社仏閣 備考	日本の2大トップの神社です。 評価	99点



出雲大社  学生時代に行った、島根県出雲市にある出雲大社の御案内です!! 今回も10年以上前の思い出写真での御案内になりますので非常に荒いのでご容赦下さい。 この出雲大社は、一般的には「いずもたいしゃ」という名前で認知されてますが、「いずもおおやしろ」が正確な読み方です。 島根に着き公園の駐車場で晩御飯にシシャモを七輪で焼いてる写真です。この後、私はシシャモを数匹食べた後に運転疲れで社内で寝ていると友人からいきなり「お礼言って!!」と言われ無理やり起こされると地元の暴走族に囲まれてました。 何ななんだか分からずいると、私が寝た後もこの二人でシシャモを焼いていると暴走族に囲まれ、「なにしてるの?」と聞かれ、友人が「貧乏旅行中」と応えたところ、同情され2,000円を貰ったとの事でした。 訳が分からないですが、取りあえず「ありがとう!ガソリン代に使わせてもらうよ」とお礼をいったところ去っていきました。 良くわからんが、とりあえず「ありがとうございました。」 ちなみに、こんな場所で車中泊してました。 車道で寝てましたが田舎過ぎて交通量も少ない場所ですので、人に迷惑はかけていないのでご安心下さい 自分たち自らが発する男くさい、社内の熱気で起こされた3人は、眠い目をこすりながら出雲大社につきました。 出雲大社は、伊勢神宮と並ぶ2大神社として日本神社界のツートップの一角をなす神社です。 一説には、大和政権の伊勢神宮に対して、出雲政権?の出雲神宮があり、戦争の結果負けた、出雲大社が傘下に入った等言われています。 とりあえず、本殿に向かいます。 境内は広く、結構あるきます。 おかけげ徐々にエンジンがかかりだし学生ノリのテンションがMAXに! 道は整備されており、あるきやすくなっており西域である事を意識されます。 幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)が現れる、シーンのモニュメントです。 オオクニヌシは、スクナブコナという神さまと共に国造りを進めていました。 しかし、スクナブコナは、出雲から去ってしまい、絶望の中でオオクニヌシは、日本海を眺めていました。 すると浪間から幸魂奇魂という玉が出現します。オオクニヌシは、この玉から力を頂き、すばらしい国を造り上げましたとさ。 神殿なので、穢れた身を清めます。 いよいよ本殿が見えてきました。 ようやくの本殿参拝!出雲大社っ!京都からの下道できたので遠かったぞ!! しっかりと参拝します。無事旅の目的、京都⇒出雲大社参拝の目的を終え、帰路(広島経由)につきます。 学生時代の思い出の写真でご覧いただきました、ざっくりとした出雲大社の御案内でした。 当時、20歳の若造も今では30代半ばとなり、完全におっさんとなりました。 近日中におっさんとなった今の私には出雲大社がどう映るのかを見に行きたいと思います。 御精読ありがとうございました。 名称 出雲大社(いずもおおやしろ) 所在地 島根県出雲市大社町杵築東195  電話番号 0853-53-3100 料金 拝観無料 種別 寺社仏閣 備考 日本の2大トップの神社です。 評価 99点

この記事はどうでしたか? 頑張って改善するので評価をお願いします!!!
  • 凄く面白かったよ!!! (0)
  • 面白かった! (0)
  • 普通 (0)
  • つまらなかった。 (0)
  • やり直し (0)

 やろうかなぁ?やめとこうかなぁ??と悩んだら ”犯罪や人に迷惑をかける事以外、全力でやってみて下さい。”の恩師の言葉を、元にとりあえず何でもやってみる、趣味は、旅行・骨董品収集のいくちゃと申します。(最近は、ドローンも楽しいです。)
 当サイトでは、旅先での出会いに感謝をし、そこで得た感動や学びを勝手に皆様と共有出来るように作っております。
 ちょっとでも面白いと思って頂けたら「いいね」等はお手間が勿体無いですので、ただただ明日も見て下さい。 よろしくお願いします!!