【写真で観る】新選組「近藤勇」が陣を敷き、官軍に自首をした地”新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡”への行き方

この記事はどうでしたか? 頑張って改善するので評価をお願いします!!!
  • 凄く面白かったよ!!! (0)
  • 面白かった! (0)
  • 普通 (0)
  • つまらなかった。 (0)
  • 死ね!!! (0)

千葉 新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡 千葉県流山市にある新選組局長 近藤勇が官軍に自首をした最後の陣屋”新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡”に行ってきました! この場所は、慶応4年(1868年)4月1日に新選組局長 近藤勇が総勢200余名と共に、会津へ向かう道中、梅本山常与寺の裏手にある長岡屋という酒造家に部隊を編成する為に敷いた近藤勇最後の陣屋跡になります。 この陣屋が官軍に包囲された後は、流山の街を兵火にさらさない様に近藤勇は、「大久保大和」と偽名を名乗り自首した土地でもあります。 その後、新選組の近藤勇である事がバレてしまい4月25日に板橋にて処刑される事になり、近藤勇と土方歳三の最後の別れの地ともなっています。 江戸川沿いの住宅街を進み「常与寺」、「閻魔堂」を見学しながら進みます。




”新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡”に到着です!ここは、跡地というだけで今では記念碑が残るだけで建物等は残っていません。 




石碑や新選組の紹介文等を読むぐらいしかできないですがこの地が、「近藤勇」が陣を張り、自主した場所かと考えると感慨深いです。 直ぐ側には、「新選組」関連等も扱うお店がありました。




”新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡”を見学後、江戸川を散策し帰路に着きました。 近藤勇が新選組局長として最後にこの町を思い戦火を避けた事により、今でも平穏な町となっておりました。 一度、近藤勇が守ったこの地を見に行かれては如何でしょうか。 御精読有難うございました。        名称       新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡 所在地       千葉県流山市流山2-108地先 アクセス        流鉄流山駅徒歩3分 料金       無料 備考           駐車場がありません。(たぶん) 評価       45点








 

 千葉 新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡 千葉県流山市にある新選組局長 近藤勇が官軍に自首をした最後の陣屋”新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡”に行ってきました! この場所は、慶応4年(1868年)4月1日に新選組局長 近藤勇が総勢200余名と共に、会津へ向かう道中、梅本山常与寺の裏手にある長岡屋という酒造家に部隊を編成する為に敷いた近藤勇最後の陣屋跡になります。 この陣屋が官軍に包囲された後は、流山の街を兵火にさらさない様に近藤勇は、「大久保大和」と偽名を名乗り自首した土地でもあります。 その後、新選組の近藤勇である事がバレてしまい4月25日に板橋にて処刑される事になり、近藤勇と土方歳三の最後の別れの地ともなっています。 江戸川沿いの住宅街を進み「常与寺」、「閻魔堂」を見学しながら進みます。 ”新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡”に到着です!ここは、跡地というだけで今では記念碑が残るだけで建物等は残っていません。 石碑や新選組の紹介文等を読むぐらいしかできないですがこの地が、「近藤勇」が陣を張り、自主した場所かと考えると感慨深いです。 直ぐ側には、「新選組」関連等も扱うお店がありました。 ”新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡”を見学後、江戸川を散策し帰路に着きました。 近藤勇が新選組局長として最後にこの町を思い戦火を避けた事により、今でも平穏な町となっておりました。 一度、近藤勇が守ったこの地を見に行かれては如何でしょうか。 御精読有難うございました。 名称       新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡 所在地       千葉県流山市流山2-108地先 アクセス        流鉄流山駅徒歩3分 料金       無料 備考           駐車場がありません。(たぶん) 評価       45点

↓応援お願い致します↓

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ご覧いただきありがとうございます! 私は、日本をメインにときどき海外と旅をしながら生きるている旅人の”いくちゃ”と申します。 ○○○に行った!でも、○○○だった!等のちょっとした情報も入れつつ旅情報を配信しております。 皆様の旅の一助になれればうれしいです。 何卒、応援お願いいたします!!!